2020/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


 1-A86E1082.jpg


こんにちわ〜〜〜

台風26号Wiphaが大島に甚大な被害をあたえ、続いて27号Franciscoが同じコースで

日本に接近しつつありますね〜…

台風の名前ってあらかじめ140個決められていてそれを順番に繰り返してるって

知ってました? だいたい5年で一周するんですって



全くBlue Impulseとは関係ありませんがっ!(^_^;)


もう10月も中を過ぎているのに〜  もう勘弁してほしい〜!!

そんな雨の日曜に久々ブログ更新しますね。

ちょっと予定を変更してBlue Impulse行ってみましょかね。

なぜに曲技飛行に惹かれてしまうのか?

なんて


1-A86E1056.jpg



画像は松島基地の改修にて一時的に百里基地にBlueが来まして、そのまま航空祭にのぞむべく

百里基地での訓練飛行の時のものからですだ。


残念ながら皆様ご存知のように航空祭当日は悪天候にてほとんどすべてのデモフライトは中止

となり前日の予行にてもお天気は良かったのですが雲高が低く第5区分でした。

初めて第5区分見せていただきました〜…(-ω-)/



この記事を書いている今日は浜松のエアフェスタが実施されているのですがやはり雨で

フライトは中止のようです。

今年の基地祭はことごとく雨って感じですね〜… お天気には勝てませんが本当に残念です。

神様、来週の茂木上空だけは快晴にして下さいねっ! たのんますっ!



話がそれました。 

撮影日の百里は雲が多めながらお天気は良く青空をバックにBlueの

訓練飛行を撮影できました〜!!



1-A86E0383.jpg


離陸前のスモークチェック後、気持ちよさげにTake Offです。

T-4のかる〜〜く上がっていく感じゼログラビティーな感じでよいな〜〜

そんな感じを表すべく早いSSにての撮影です。




1-A86E0384.jpg


ふわぁ〜〜と上がって行きます〜〜〜 気持ちン良か〜〜〜


1-A86E0385.jpg


バックのF-4が百里らしくて良いでしょう〜〜(笑


1-A86E0387.jpg


本チャンの航空祭でこのアングルで撮るには一番に入場して走ってエプロンに行かなきゃです

よね〜


この日はラッキーでした!

1-A86E0391.jpg


僚機との位置関係を細かく調整して詰めて行きますね。

この編隊離陸一つ取っても難しいんでしょうね〜〜〜…


1-A86E0395.jpg


前々回(8/13日)のブログにてBlue Impulseの意義やら過去のエピソードなど書きました

ので今回はただただ思いつくことをつらだらと述べてみようかと。

そう、なしてこんなに航空機に、そしてBlue Impulseに惹かれるんじゃろと

そこらへんの考察なんぞ。



1-A86E0399.jpg


まずは 写真ってなぜ撮りたくなるのか?



またまた Blueとは関係ないところからですが

その答えは撮り手が思う美しいと感じる一瞬を記憶だけではなくできうれば永遠に

記録として残したいと思うことなのではないかと…



美しいもの、かっこいい姿の一瞬を何回も見たいと思う気持ちです。


ですので、撮りたいものが自分の中のイメージにおいてかっこええ〜〜〜、美しか〜〜〜

と思える姿に近く撮れたものがより満足のゆく一枚と感じるわけで



1-A86E1062.jpg


その欲求を満たすべく行動し飽きもせず撮影に臨んで行くわけで…


1-A86E1063.jpg


自分の場合、その対象の一つが航空機であるのですね。



なぜ航空機に惹かれるのか? 

自分の中を探ってみますれば突き詰めてみますれば

絶対的な機能の集積である姿にとっても美しさを感じてしまうんですね〜


1-A86E1080.jpg


美しくするための余計なデザインなんて入る余地のない純粋に機能を求めた姿にたまらなく萌

えてしまうのです。

そしてもう一つは、多くの人が共感できると思うのですが、3次元空間を高速で移動するもの

に惹かれる?快感をもたらされる? 感覚ですかね…


1-A86E1085.jpg


高速でカーブを切っていく車やバイク、鳥の飛翔する姿、自分はあまり萌えませんがホームに

進入してくる電車とか、ロケットやミサイルの飛んでゆくところとか

かっこええ〜〜と感じる方は多いのではないでしょうか。



1-A86E1100.jpg


自分はそれに加えてソリッドなメカメカした機械物やら金属の質感すっきなんです。


エイリアンやアバターに出てきたパワーローダー的なものとかパシリムのロボットのコクピッ

トメカやらエリジウムの世界のくたびれた金属質、いいっす!!

それとか世界の特殊部隊が装着するプロテクターや装備なんても萌えますね〜〜


1-A86E1104.jpg


それら惹かれるもの、動きの集合体とも言える航空機に美を感じかっこええ一瞬を自分で画像

として閉じ込めたいと感じるのはほとんど必然と言ってよく、同じ航空機でも戦闘系により惹

かれる理由でもあるんでしょうね〜。


1-A86E1110.jpg



そして加えて一眼レフのメカをいじって、より自分の好みの画像で表現したいっていう楽しみ

が加わりますんで たまにイメージ通りの、いやたいていは偶然の要素が加わって今までで

最高だと思われる一枚が残せた時の喜びはかなりのものとなるんですな。


そんな風に惹かれる航空機の単機でも十分絵になると思う機動をこんな風に編隊で行

われちゃ、こりゃ〜惹かれ度も倍増です!



自分がBlueに感じる魅力って分析してみるとこんな感じでしょうか。


1-A86E1179.jpg


でもまあ 理屈はともかく青空にこんな機動を描いてくれる航空機を見れば大半の人は魅入っ

ちゃいますよね。



非日常性もそうですが厳しい訓練に裏付けされた狂いのない動きには何でも人を魅了する

美しさがあります。


1-A86E1194.jpg



武道やスポーツ、ダンスでも極めた方たちの挙動には指の先までもすじの通った

美しさがありますからね〜〜〜。



1-A86E1198.jpg



その美しさは小さな子供でも本能的に感じる物なのでしょう。

Blueの展示飛行を見つめるキラキラした子供たちの目が物語っていますよね。



1-A86E1202.jpg


先日の福島の被災地上空をフライトして皆で空を見上げようって企画とても素晴らしいと

思いました。それが外国の曲技飛行チームなのは残念でもあり、感動してしまうところでも

ありましたが。



自分思うに青空を見上げてるだけでも人は気持ちよくなるもんだし、その空をエンジン音を轟

かせた航空機の編隊飛行が美しいマニューバを描いていたら心が無になって見つめてしまいま

す!


1-A86E1242.jpg


そう、心が無になるって限りなく童心に近づくってことなのかも。


よい年の大人でも日頃のストレスフルな日常を一瞬でも忘れて目をきらめかせて…



ただ、空を きれいなスモークをおいかける…


 1-A86E1247.jpg




その場の人々が心を無にして同じものを見つめて、ただ純粋に見つめて…


なんてそんなことってなかなか無いですから



1-A86E1250.jpg


そこには自衛隊の賛否やら、Blueも航空戦力育成を担う一部隊であることも関係ない

ただただ、機動の美しさに魅入ってしまうという曲技飛行独特の魅力と特性があるのかも

知れませんね。


1-A86E1260.jpg


1-A86E1314.jpg



こんな美しい機動を描くドルフィンライダー達や、航空自衛隊のパイロット全員の方達が

いつまでも平和な空を飛んでいてもらいたいものです。



1-A86E1354.jpg




そして、自分たちもこれからの子供たちも休日の航空祭で心を無にして大空に白く輝くスモー

クをいつまでも見つめていたいな〜〜と思いますね。




1-A86E1235.jpg


まとまりがつかないまま文を綴ってしまいましたが日々ストイックに訓練を行っている

パイロットの方達に尊敬の念と最後まで見てくれた方々に感謝を込めて…


ではまた〜〜〜




1-A86E1365.jpg



RW21をTakeoffするF−4EJ改 
1980年代から現在まで対地対艦攻撃任務を担ってきている機体だけど、いかんせん機体の傷みが進んできているようで数年で飛行する姿は見れなくなるんだろうな〜(T_T)

勝手なイメージだけど自力ではエンジン始動も出来ないようなところに、どこか人間臭いアナログな親しみを感じている航空ファンは多いのじゃないかな。 

ターボジェットエンジンの独特な咆哮音も今後は聞かれなくなるだろうし、次期FXに改編されるまでに出来る限り展開してこの姿を記録&記憶したいものだと思うのでした。(^^)v 


震災後、初めて百里基地に展開した。 あの日から5カ月たったんだね〜

春先にここにきてた頃は今年もいっぱい基地祭とかに行って楽しもうなんて思ってた。

あれから5カ月自分の中で何か変わった気がする。

大事なものが何なのか...


平和だった時の百里... 1日の訓練を終えRTBするT-4...   お疲れ様〜〜と心でつぶやきながら撮りましたね〜〜

その後 あんな悲劇が起こるとも知らず。

 
厚木もGWとCVW−5が戻ってきてくれて展開できるようになってきました。

久々にF−18のエンジン音も聞けたし〜〜  そうなると またぞろ色々行きたくなるね〜〜

今年は基地祭も実施見送りが多いだろうし...

 
あ〜〜また 百里行きて〜〜〜(-_-;)  F−15 や F−4の爆音を聞きたくなってきた〜〜