2020/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


 A86E9951.jpg

皆さまこんにつわっ!!

ん〜気が付いてみれば先月はこのブログも更新できずはや、12月…

師走・極月・Decemberですよ!!

一年間早すぎですよね。

今年は仕事もプライベートでもいろいろ激動の年でしたっ!

まあ、でも悪いことは通り過ぎあとは良くなるかなって楽観してる今日この頃

ではあります。

そんな2014の基地祭展開を振り返りますれば

1月に習志野降下始めからスタートし5月の厚木桜祭り・静浜、国立競技場周辺での

ブルーのフライパスなんかもありまして9月に三沢・小松・立川防災11月には岐阜基地と

そこそこ、主要なところには行けたかなって感じですかね。


A86E6357f.jpg


今回は後半で展開した三沢・小松・立川・岐阜の航空祭でのスペマ機メインに振り返って

みましょうかね。

三沢は以前にブログアップいたしましたが、地元の方々に暖かくアテンドして頂きホンワカ

マッタリ楽しい思い出でございますね。

展示飛行では一番記憶に残っているのはやっぱF-16FightiingFalcon WWの飛行ですね


岐阜のように絶えず視界にとどまってグルングルンのデモフライトでした〜。


A86E6237f.jpg


もちろんデモフライト機はクリーンな状態でしたが他の展示飛行機は各種通常装備をごっち

ゃり付けてオタク心をくすぐってくれました。

上の画像を見ますとターゲティングポッドを2種類も搭載しておりおそらく対空と対地攻撃

用なんでしょうね〜 実戦を戦っている米軍機ですわね〜。

対地攻撃でいえば米空軍は従来の無誘導爆弾から現在は精密誘導爆弾いわゆるスマート爆弾

へ切り替えておりますね。これは無誘導の自由落下型爆弾での湾岸・イラクでのあまりの命

中率の悪さがあったらしいですね。 敵対エリアへ命中しないだけならまだ良いですが近接

航空支援で味方への誤爆なども多々あったようです。

こりゃ〜まずいと開発を急ぎINS/GPS内臓のスマート爆弾にて空対地精密爆撃を実現したの

がいわゆるJDAM(統合直接攻撃弾)なんですね。

航空自衛隊でもF-2へのJDAM搭載能力改修を行っております。

JDAMって特別な爆弾ではなく以前よりある無誘導爆弾に取り付けて精密誘導型へ変えるキッ

トのことなんですよ。さらに母機からのレーザー照射へピンポイントに移動目標でも追随さ

せる機能が付加されたLJDAMが主流となりこのためのターゲティングスポッドが上の機体に

も搭載されているんだと推察いたしますのです。


A86E8308f.jpg


話がオタク方向へ流れましたが三沢でのスペマ機はこの3SQの桜の描かれたF-2Aでございま

した。2014年は7月1日が航空自衛隊創設60周年でありまして各基地でスペシャルマーキン

グの機体が展示されました。この60周年記念スペマ機、本当は全機捕獲したかったけど費用

と時間の都合がつかず3機のがしてるかな?

梅のスペマはまだラストチャンスがあるかもしれないので頑張りますかね。


A86E8370f.jpg


垂直尾翼とベントラルフィンに上品に桜をあしらい良いですね!

日本らしいデザインです。


A86E8648f.jpg



スペマ機のベイパー・リボン 萌えるシーンです〜〜。

特にF-16・F-2は主翼付け根の部分から盛大にベイパーが出るんですっきやわ〜。


A86E8505f.jpg


青空に洋上迷彩+記念塗装…この一瞬を残すために費用をかけて遠方まで行くのだけど

行ってよかったと思うシーンです。

単に自己満足ですけど行かないと撮れないからね〜。


A86E7678f.jpg


真夏のような三沢基地で日があたっているエリアと翳っているエリアでの照度の違いと機体

の反射差に苦労したなあ… 没画像連発でした。へたくそや〜〜((T_T)




F-2Charmerによる綺麗なランディングでございました。

そそ、忘れていましたが今年の三沢でのもう一つのサプライズてか目玉はグアムより

期間限定で配備されていたRQ-4 GlobalHawkでございました。

持参した500mmレンズではどうにも納められずあいぽんで撮りましたがな。


FullSizeRender2.jpg

初めて見ましたがグライダーのような長い長い翼でした。

グアムが台風シーズンを迎える季節に三沢からの運用にて昨年までより7割の運用向上が

かなったらしいです。

アフガニスタンとか行ってたんでしょうね。


FullSizeRender.jpg

機首部分のふくらみはエイリアンを連想して不気味なやっちゃな〜と思うのは自分だけでし

ょうか?

プレデターやリーパーとは違いこのグローバルホークには攻撃能力はありませんがなんか

怖い、不気味なイメージでした。無人機って好きになれないなあ…

第5世代まで進化したステルスジェット戦闘機でも有人であることでやはりここまで

ソリッドで冷たいイメージは無い気がしないでしょうか?

コクピットに感情を持った人間がいるかいないかでこれほど外観からでも受けるイメージが

違うものかと実感しましたね〜。

米軍では大小、性能の高低を問わず運用機数だけではもう数年で有人戦闘機を無人機が上回

るというニュースを見ました。

そして、極秘任務で敵性地帯に侵攻する特殊部隊のはるか上空では現在必ずミサイル搭載の

無人偵察攻撃機が24時間上空哨戒援護を行っているんですって。

近い将来、航空基地から離発着する機体はすべてこんな無人機になってしまうと想像したら

怖いですね〜〜…

珈琲飲みながらはるか離れた安全な基地の中で攻撃する状況がどうも気に入らんのです。


A86E6389f.jpg


どですか? 同じ哨戒任務に当たるE-2C、この機体では国防に当たる気概を持った隊員達の

意気や情熱みたいなヒューマンな志?誇?を感じるんですよね〜。勝手な自分の感情ですが



A86E6717.jpg


A86E2995f.jpg


サーチ&レスキューをこなすこの機体に搭乗する隊員達とかものすごく強烈なヒューマンな

意志とか決意を感じます。 それを貫き実行するためにものすご過酷な訓練を行っているん

ですからね〜。

腕が伴ってませんが撮影するときにそんな感情を含めた画像を撮れればな〜といつも思いま

す。

冷たい金属のソリッドな航空機の中に国が決定し与えられた任務を命がけで果たそうとする

熱情が乗っている!!  だから魅かれるのだと思うんですよね〜〜〜。


あらら、小松までは行くつもりがついつい横道にそれっぱで時間が厳しくなってしまいまし

たがな。

次回、小松からです。なる早で更新心がけますっ!

寒くなって来ました皆さまご自愛召されませ!

読んでくれて方に心からの感謝を!!